ブログ

【厳選】超クレイジー!私がインドでびっくりしたこと20選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年経済成長が著しいインドですが、同時にクレイジーな国であることは日本でもしばしば報道されています。そこで今回はインドで生活を始めて1年が経つ私がインドに来てびっくりした生活のことやインド人の性格などをまとめました。20個に厳選することが難しいくらい、びっくりしたことが多かったです。インド留学をすれば、刺激的な経験が毎日できることを保証します。

インドの交通事情について

インドのメトロが綺麗

インドのメトロは本当に綺麗です。駅構内から車内まで1つもゴミが落ちていませんし、メトロの中もとても綺麗で電光掲示板もあります。(電源がついていないことが多いですが)。メトロの中で昼寝をしている人もいるくらい快適です。

インドのメトロの詳しい情報に関しては下の記事を参照して下さい。
参照記事:インドのメトロ!安すぎる料金とその綺麗すぎる車内について!

インドではクラクションが鳴り止まない

インドの道路はクラクションが鳴り止みません。日本では危なかったりするとクラクションを鳴らしますが、インドでは「俺が通るぞ」くらいの感覚でクラクションを鳴らしたり、リキシャの人は「乗ってけよ」くらいの感覚でクラクションを鳴らします。なので混んでいる道路などはクラクションでとてもうるさいです。

インドのリキシャの詳しい情報については下の記事を参照して下さい。
参考記事:インドのリキシャ3つの交渉術!

インドでは信号無視・逆走が当たり前

インドでは信号無視・逆走が当たり前です。最近ではモディ首相の政策のお陰で道路事情が改善されてきてはいますが、通勤、帰宅などで道路が混んでいるときは誰も信号を守ろうとしません。混んでる時こそ守るべきだろと思いますが…。高速道路をバックで猛スピードで逆走している車を見たときはさすがに自分の目を疑いました。

交通事情の改善を始めとしたモディ首相の行った政策に関しては次の記事を参照して下さい。
参考記事:<インド・モディ首相が掲げるインパクト大の政策4選!

メトロ

インド人の性格について

インド人は超優しい

インド人はとても優しいです。店の場所がわからなくて困ったりしていると、ロールプレイングの最初の村で出会う老人並みに町を案内してくれます。またメトロでは車内に老人や女性が乗ってくるとみんなが一斉に席を譲ろうとするほど優しいです。

インド人の男友達同士で手を繋いでいる

インドでは仲のいい男友達同士でも手をつなぎます。手を繋いでいるインド人男のほとんどに恋愛感情はないと思います。インドに留学される方は勘違いしないようにしましょう。

インド人は距離が近い

インド人は距離が近いです。男友達同士、同じシングルベッドで、イヤホンを片方ずつ共有して1つの映画を見たりします。喋るときに顔と顔の距離が10cmもない場合も多く困惑します。

インド人はドタキャンする

インド人はドタキャンをめちゃくちゃします。私がホームパーティーを開くときに、インド人の友達を誘ったところ8人の友人が行くと言ってくれました。しかし結局パーティーに来たのは2人、それもパーティーが始まってから3時間後に。来てくれた2人に何故遅れたのか聞くと、来たんだから時間は問題じゃないと言っていました。日本人とインド人の約束に対する考え方の違いなのかもしれませんが、インド人の友達と遊ぶときは、時間は注意しなければいけません。

インドのホームパーティーにの様子関しては次の記事を参照して下さい。
参考記事:インドのホームパーティーはインド文化が沢山詰まっている!

インド人はSNSが大好き

インド人はSNSが大好きです。Facebookを開くたびにインド人から「Hi」や「Hello」など挨拶のチャットが飛んできます。返信しないでいると追い打ちをかけるように返信の催促がきたりするほどインド人はSNSが大好きです。

インド人

インドでの生活について

インドには野良犬が多い

インドには野良犬が本当に多いです。インドの野良犬が人間に近づいてくるのは襲おうとしているわけではなく、餌をもらえると思っているからだそうです。なので近づいてきても怖がる必要はありません。そうは言っても私が深夜に野良犬6匹に囲まれたとき、ほとんど死を覚悟しましたけどね。

インドの料理にはパクチーが大量に入っている

インド料理の多くはパクチーが大量に入っています。本当にパクチー嫌いな人にとってはつらいです。インドではカレーやサラダのドレッシングとしてパクチーを大量にいれます。料理によってはパクチーの味しかしないものもあります。私はもともと日本でパクチーが少し食べれたのですが、インドに来て全く食べれなくなりました。

インドのトイレに紙がない

インドの公衆トイレは宗教上の理由なのか、単に補充していないのかは分かりませんが、紙が無いことが多いです。ナイトクラブにも、あのタージマハルにさえも紙はありませんでした。インドに留学される方は紙を持ち歩くことをオススメします。僕は紙を持ち歩かない派なので、わかりますよね?左手が汚れたことがあります。

タージマハルで紙がなかった話については次の記事を参照して下さい。
参考記事:インド観光1位のタージマハルで不浄の手になった話

インドの水道故障や停電は当たり前

インドでは電力が不足して頻繁に停電や断水が起きます。ひどい時だと5時間にわたって停電することもあります。夏は夜でも30℃を超える日が多いので停電すると暑くて寝れないこともあります。しかしこういう体験をしているからこそ、私はどんな国のどんな場所に行っても対応できる力がつきました。

インドの鉄道の遅延が超長い

きれいなメトロとは真逆でインドの鉄道は停電などの理由で、9時間も遅延することがあります。私も鉄道の待ち時間で4時間待たされたことがあります。いつ来るかわからない鉄道をホームでずっと待ち続けました。ハチ公以上に忍耐力がついたと思っています。

インドには野生の動物が多い

色んな人種がいるインドですが、それは人間に限らず野生動物も同じです。野良犬、野良リス、野良羊、野良豚、野良牛、野良鶏、野良猿etc..たくさんの野生動物を街で見ることが出来ます。街がちょっとしたサファリパーク状態です。

牛

インドのATMに金が入っていないから下ろせない

インドのATMにお金が入っていなくて下ろせないことが多々あります。防犯対策のためかは分かりませんが、なぜか夕方5時前後だとお金が下ろせることが多いです。インドに留学される方は、換金所である程度換金していくことをオススメします。

インドのチャイ・カレーが安い

インドではチャイとカレーがとんでもなく安いです。屋台で買うとチャイは5Rs(8円)、カレーは20Rs(35円)で買えてしまいます。しかもチャイはとても美味しい。カレーはレストランなどで食べるものよりも濃い味付けなので好みが分かれます。

インドでは犯罪が少ない

インドの治安はとても良く、私はスリや暴力事件をインドで見たことがまだ一度もありません。リキシャでぼったくられることもありますが、それでも被害額は大きくて20Rs(35円)程度ととても安いです。インドには危険そうだから行かないと敬遠される方が多いですが、そんなことはありません。むしろ私は他の国に比べて住みやすいとも思います。

インドの治安については次の記事を参考にして下さい。
参考記事:【インドの治安まとめ】安心な留学ライフのヒント

インドは場所によって文化が違う

インドは地方によって宗教も違えば文化も違います。北インドにあるダージェリンはネパール人が多く、料理も辛くなく、とても涼しかったり、南インドでは住む人みんな楽天的でとても明るく、カーストの影響を感じません。「おはよう」の一言についても、地方によっては「ノモシュカール」、「ワナッカム」、「ジュレー」など話す言語も変わってきます。

インドはゴミを一切分別しない

インドではゴミを一切分別しません。日本で一番分別の厳しい横浜に住んでいた私はインドに来て分別しないことにすごい違和感を感じました。しかしこのゴミに対する意識の低さが、インドの街にあふれるごみ問題に直結しているのではないかと思います。どうにかしなければならない問題の1つであると私は考えています。

インドで使えない紙幣をおつりとして渡される

スーパーなどで買い物をしてお釣りをもらうとボロボロの紙幣だったり落書きされた紙幣をお釣りとしてもらうことがあります。ボロボロの紙幣は他の店だと使えないことが多いので、お釣りをもらったら必ず確認して汚れているものは交換してもらいましょう。

汚れたお金

まとめ

インドでは他の国ではできないびっくり体験が毎日のように起きます。20個にまとめるのがとても大変でした。このびっくり体験を経験することで生活力がついたり、思い出ができたりします。みなさんもインドに留学して自分だけのびっくり体験を経験してみてはいかがでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!