現役大学生インタビュー しんのすけさん(ジェイン大学)

プロフィール

名前:しんのすけさん
大学:ジェイン大学(Jain University)
専攻:観光学

海外留学をしようと思った理由はなんですか

私の高校は海外留学コースがあって、私はそのコースに所属していました。海外研修や短期留学などを通して、自然と留学に興味を持ち始めました。そして、海外の大学に行くことを考えました。また、父親から「せっかくのチャンスなんだから挑戦してこい」という言葉をもらいました。その言葉に後押しされて、海外留学を決めました。

留学にインドを選んだ理由はなんですか?

高校時代に一度、インドのムンバイに語学留学をしたことがありました。また、インドが勢いを増している状況で、そのインドを体験しておきたいなと考えました。また、父親もそれを勧めてきました。自分のインドでの経験と、まわりからの勧めでインドの大学への進学を決めました。

留学前に準備をしたことはなんですか?

高校時代は海外留学コースに属していたので、英語の勉強はしていました。また、TOFULやIELTS のスピーキングセクションのために英会話も練習はしていました。また、学校にはたくさんの外国人の先生がいたので、その人たちとも会話をしていました。スピーキングに関しては、ムンバイに語学留学をしたときに現地の人とスムーズにコミュニケーション取ることができたので、あまり心配はしていなかったです。

大学生活について教えてください

学校生活
午前中にすべての授業が集まっています。なので、朝は7時40分から授業が始まります。学校によって違うみたいなんですが、自分の通うところは朝が早いです。授業は決まった1つの教室で受けるので、日本とは違った形式で授業を受けています。常に集中して授業を受けないといけないので、少し疲れます。なので、日本の大学の授業形式が少し羨ましいです。教室は変わらないですが日本の高校のようにHRなどは無いです。時々、いきなりフェスティバルが学内で始まることがあるので、それには驚きました。

私生活
寮でインド人2人と一緒に暮らしています。外国人用の寮もありましたが、私は地元の人たちが住む寮に入っていました。正直、違った文化の人と一緒に暮らすことは苦労することもたくさんあります。インド人は「自分も迷惑を人にかけるから、人の迷惑を許せ」といった考え方を持っているので、日本人とは違っています。週に6日授業があり、長期休暇は日本よりも少ないので、日々学業に追われています。親元から離れて自分で生活しているので、得れるものは多いです。

インド留学を考えている皆さんへ

インド人は困ったときに助けてくれ、英語で分からないことがあっても気をつかってくれたり、日々優しさを感じられることが多いです。皆さんが想像しているインドとは違ったことがたくさんあります。インド留学を考えてみてはどうでしょうか。

資料請求/留学相談はこちら!