インド大学留学

プネ大学のインド留学情報(PU)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プネ大学の概要

プネ大学の紹介

プネ大学(Savitribai Phule Pune University)はインドの一流大学の一つで、プネ市の北西部に位置しています。 1949年2月10日、プナ大学法の下で設立されました。 大学には46の学部があり、数多くの生徒が学んでいます。 このプネ大学は「東のオックスフォード」として広く知られています。 プネ大学には、約307の認知された研究機関と612の関連大学があり、大学および大学院のコースを提供しています。プネ大学には多くの優秀な学生が集まっています。海外の学生も多くみられ、国際ホステルも用意しています。またさまざまな科目に関するたくさんの本を収蔵した充実した図書館があります。プネ大学は学生のためにセミナーや会議を開催しています。

プネ大学の使命は、世界各地で行われているグローバルな変化へ対応することができるよう教職員の能力を強化することを徹底しています。社会的に意識的な世界保全、創造、発展、知識を広く普及する教育機関になることを目指しています。学生の経済的、技術的、社会的発展と進歩に貢献することをミッションとしています。

プネ大学の基本情報

正式名称 Savitribai Phule Pune University
住所 Hauz Khas, New Delhi, Delhi 110016, India
都市 インド プネ
設立年 1949年

プネ大学のあるエリア情報

プネはマハラシュトラ州にあり、たくさんの教育機関が集まる都市になります。プネには、多くの有名な研究所やカレッジがあります。 プネにはインド中、そして世界各地から数多くの学生がプネに来ています。インドの他の都市とは変わった国際色が強い都市になります。また、プネは非常に安全で平和な都市と言われています。気候は暖かく、過ごしやすい気候です。

プネ大学の学習プログラム

文学部

●上級サンスクリット学科
当初、センターはベダとヴィカラナでのより高い研究のためのインフラを備えていました。 1974年には、Nyaya(Indian Logic)とMimamsa(Texting Interpretationの科学)における高度なトレーニングと研究のための施設が追加されました。 これは全国のサンスクリット語でUGCの最先端研究センターとしては初めてでそして最も古いものです。

●舞台芸術学科
舞台芸術学科では、インドで初めてのフルタイムの授業を提供しています。学科はダンスのプロフェッショナルコースがあります。大学内に劇場もあります。主な目的は、舞台芸術の専門家の訓練を提供することです。これは、アーティストパフォーミングアーツを演出する創造的な雰囲気とインドの舞台芸術の伝統を尊重し理解することです。舞台芸術で自分自身のイディオムを創造するためには、文化の伝統を尊重し、地域の社会文化的歴史を理解しなければならない。

●英語学科
プネ大学のキャンパス内の英語科は、英語に関する深い知識を身に着けることを目的としています。英語学科では学生の創意工夫で言語を理解することを熱望しています。

●外国語学科
すべての言語のCertificate、Intensive Certificate、Diploma、Intensive Diploma、Advanced Diploma、Special Diplomaコースは、学生や専門家のニーズに合わせて、様々なセンターで、さまざまなタイミングで行われるパートタイムコースです。フランス語、ドイツ語、ロシア語で提供されるポスト大学院のコースはフルタイムコースです。

●マラーティー語学科
マラーティー学科はマラーティー語の言語と文化の普及とその歴史の研究を目的とした大学最古の学科の一つです。

その他にも、パーリ語学科、地理学学科、ヒンディー語学科、サンスクリット学科で学ぶことができます。

科学学部

●大気・宇宙科学専攻
大気・宇宙科学学部は、大気科学の分野における主要な部門の1つです。大気科学の学位、学部は、学生が研究で米国、英国、ドイツ、ノルウェー、ベルギー、カナダ、アイルランドなどのいくつかの国に行ったことで国際的に知られています。

●バイオテクノロジー学科
この学科は、バイオテクノロジーの様々な専門分野における功績のある教員の任命と指導に重きを置いています。教員は優れた教師と研究者であり、そのほとんどは国立アカデミーのフェローです。この学科はまた、バイオテクノロジーにおける様々な国家プログラムの開発にも携わっています。

●植物学科
植物学科には、インドや近隣諸国の教員や学生が集めた、藻類、蘚苔類、プテロイド属植物、裸子植物、および被子植物に属する植物が1万5000種以上の植物園があります。 最初の標本は1956年に収集されました。

植物誌のデジタル化は、2014年に開始され、このコレクションを幅広い植物学者のグループに利用可能にすることを目的としています。

●コミュニケーション学科
プネ大学のコミュニケーション学科は1990年7月に設立されました。コミュニケーションにおける学術的な訓練は一般的にマスコミやジャーナリズムよりもはるかに重要であることを認識したインドの最初の大学の1つです。このコースを国内の他のコミュニケーションコースとは別にしている最も重要な側面は、研究分野と学術分野の緊密な連携であり、研究、教育、生産のシナジーを促進します。したがって、学科は「コミュニケーション学科」と名付けられました。
最近では、マスコミュニケーション、対人コミュニケーション、発達コミュニケーションの分野で新たな分野を取り入れています。

●コンピュータサイエンス学科
コンピューターサイエンス学科はインドの大学で始まった最も初期の学科の1つです。 1980年にはコンピュータサイエンスがほとんど知られておらず、ITという言葉が存在しなかったとき、1年間のプログラムが開始されました。

プネー大学コンピュータサイエンス学科は、コンピュータサイエンスで質の高い教育を提供することを目的とした教育部門です。

その他、数学学科、微生物学科、物理学科、統計学科、動物学科、地理学科、地理情報学科、環境科学学科、地質学科、化学学科で学ぶことができます。

商学部

●商学科
商務省は2006年に設立されました。商業振興のために設立された大学で最年少の学科の1つです。

マネジメント学部

●マネジメント科学学科で学ぶことができます。

法律学部

●法学科
同部は、1965年に大学によって設立され、国における法律教育の需要に応えるために設立されました。

現代の社会ニーズに即した高いレベルの教授技術とその研究の観点から、国内外の最高の教育機関の一つとして評価されています。
その名声に沿って、現代の社会的要求と現実に焦点を当てるために、科学技術、人権、知的財産権、消費者法、国際貿易商法、国際法、憲法、行政法などの法律との関係を強調することに焦点を移しました。

社会学部

●大人の継続教育と拡張学科
大人の継続教育、拡張学部は教育におけるキャリア構築を目指すすべての学生を歓迎しています。 1990年に教育・普及部は、教員教育に関する教育・教育科学の特別学習分野における研究と高等教育機関としての目標を定めて設立された。

●哲学学科
哲学学科では、インド哲学入門と西洋哲学入門の2つの証明書コースを提供しています。この部門は、若物がさまざまな分野の哲学をよく理解し、哲学的調査の方法を学ぶことができる環境を提供することを約束しています。

●防衛戦略学科
この学科は教育と研究に従事しており、主にインドの国家安全保障を重視している。国家安全保障の研究へのアプローチは学際的であり、地政学や軍事地理、科学技術、防衛の経済学、紛争管理や紛争解決などの側面を含みます。
 
その他、コミュニケーション&ジャーナリズム学科、経済学科、人類学科、歴史学科、政治・行政学科、心理学科、社会学科、図書館情報学科で学ぶことができます。

物理教育学部

●物理教育学科
体育学科は、すべての学生が体育におけるキャリアを築くことを歓迎しています。 体育学科は2008年7月7日に設立されました。

プネ大学の設備情報

施設・設備

プネ大学には42万書を貯蔵している図書館、健康管理センター、国際センター、印刷センターなど、その他複数の施設が整っています。健康管理センターでは目の診察、歯科治療、特別な医療コンサルティングなどを受けることができます。その他、銀行や、郵送サービスをキャンパス内で利用することができます。大学キャンパス内にはバスストップがあります。

プネ大学はと男性と女性の両方にホステル施設を提供しています。 国際学生用の寮もあります。国際寮の入寮には以下書類が必要になります。

●国際センターの書簡
●国際寮入寮に溜めのオンライン申請
●入学する学部の証明書
●パスポートのコピー
●学生ビザのコピー
●更新された居住許可証(R.P.)のコピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドの大学留学に興味ある方はこちら

インド生活の様子や語学学校の雰囲気は現地に行かないとわからないことが多く、インターネットで集められる情報も限られています。そのため、インド大学留学についてより理解するには現地をよく知る人に直接聞くのが一番の近道です。インド大学留学をお考えの方は、当サイトの留学カウンセラーにインド生活やインド大学留学について詳しく知りたいことや疑問点を相談することが可能です。インド歴が長くインドを知り尽くしたカウンセラーが現地からリアルな情報をお伝えします。是非一度、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせ/留学相談はこちら!