渡航準備

【海外旅行保険の選び方まとめ】これでもしもの時も一安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド留学において、アクシデントに見舞われることなく、無事に帰国できることがベストではありますが、インドだけでなく海外では想定外のことが起きてしまうことがあります。それは、病気やケガだけでなく、スリなどの盗難なども当てはまります。万が一トラブルに巻き込まれたときに頼りになるのが海外旅行保険なのです。金銭面での補償だけでなく、トラブル対応をしてくれたり、日本語のサポートがあったりともしもの時に支えになってくれるのが海外旅行保険なのです。今回は海外旅行保険を選ぶ際の注意点、おすすめの海外旅行保険を紹介します。

海外旅行保険を選ぶ際の注意点

海外旅行保険を選ぶ際に必ず確認しなければならないのは、契約方法、適用期間、補償内容、金額、キャッシュレスであるかどうかが挙げられます。それぞれの項目について簡単に確認していきましょう。

海外旅行保険の契約方法

契約方法には大きく分けて、3つあります。それはネット申し込み、保険会社のカウンターでの申し込み、出発する空港での申し込みがあります。それぞれメリットデメリットはありますが、それぞれメリットを挙げるとすると、ネットではいつでも、時間があるときに申し込みができること。保険会社のカウンターでは、わからないことがあっても保険に詳しい担当者がいるので、すぐにその場で解決することができること。出発する空港での申し込みでは、万が一、出発日までに保険に加入できなくても、その場ですぐに手続きができることです。ただし、最後の空港での申し込みは出発直前になるので、少し不安だと思います。万が一の際の、最後の手段として捉えて頂ければと思います。

海外旅行保険の補償内容

海外旅行保険は「事故で死亡/後遺症が残ったとき」「ケガ・病気の治療費」「ものを破損してしまったとき」「持ち物を盗まれたり、壊されたとき」「万が一の際に家族友人に来てもらう費用」の5つの補償から成り立っています。それらを補償する金額は各保険会社が提供する海外旅行保険によって異なります。自分にとって何が一番重要なのかを判断し、適切な海外旅行保険を選択することが必要になります。特にインドでは、持ち物を盗まれたとき、ケガや病気の補償内容が手厚いほうが安心だと思います。

キャッシュレスであるかどうか

海外旅行保険には、何か病気やケガをしたときに現金なしで治療を受けられるキャッシュレス診療と、帰国後に治療後の診療内容が記載された診断書とレシートを保険会社にお送りし、保険が適用されお金がかえってくるパターンの2種類あります。どちらもお金が返ってくることに変わりはないのですが、キャッシュレスで診療できる方が難しい手続きも必要ないのでおすすめです。

おすすめの海外旅行保険

ここではインド留学の際におすすめの海外旅行保険をご紹介します。是非参考にしてください。

ジェイアイ傷害火災

tabiho

補償金額が手厚く、提携病院での24時間、365日、日本語での対応可能。さらに保証金額のカスタマイズも可能なので、自分のプランに合わせた調整が可能です。

タイトル 内容
傷害死亡・後遺障害 1000万
治療・救援費用 1000万
疾病死亡 1000万
賠償責任 1億円
携行品損害 30万
申し込み方法 ネットでの申し込み
補償内容のカスタマイズ 可能
キャッシュレスサービス ネットでのお申し込み
現地日本語対応 提携病院であれば可能

AIU保険会社

aiu

補償金額は手厚く、提携病院では日本語での対応サービスあり。インドには2つの提携病院があります。

タイトル 内容
傷害死亡・後遺障害 1000万
治療・救援費用 2000万
疾病死亡 500万
賠償責任 1億円
携行品損害 20万
申し込み方法 ネットでの申し込む
補償内容のカスタマイズ 不可
キャッシュレスサービス ネットでのお申し込み
現地日本語対応 提携病院であれば可能

まとめ

上記に述べたように、契約方法、補償内容、キャッシュレスサービスであるかどうかは海外旅行保険を申し込む際に要チェックの項目になります。また、最近ではネットでの申し込み形態が主流になってきており、以前よりも手軽に、また出発日まで契約することができる海外旅行保険が増えてきたので、ほんの少しの時間で海外旅行保険を申し込むことができます。ただし、補償内容を自分の留学プランにちゃんとあったものにするためにも何が必要なのかを見極めたうえで海外旅行保険を申し込むようにしてください。留学先で何もトラブルが起こらないことが第一ですが、万が一の時に備えて、充実した補償プランの海外旅行保険を選ぶようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!