ブログ

インドの空港を生レポート!インディラ・ガンディー国際空港をご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのデリーにあるインディラ・ガンディー国際空港。インド北部の玄関として国内外から多くの利用者で賑わっています。本記事では、インド留学生、インド観光を考えている方に向けてインディラ・ガンディー国際空港の一部をご紹介します。飛行機をおりた後のイメージを持ってインドに来てくださいね!

インディラ・ガンディー国際空港

カレーの匂いが立ち込める?

先日、日本に帰国した際に日本人の友人から真面目な顔でこんなことを言われました。”インドって空港からカレー臭するんでしょ?”これを聞かれたのは1人だけではなく、結構な率で同じことを言ってくる人がいてインドLoverと筆者としては、バカにするんじゃないよ!とそう聞いてきた友人たちとは今後連絡を取ることはないと心に決め、インドに戻ってきました。

たしかにインドはスパイスを使った料理が豊富でこれでもかと言うほど香辛料を利かせてきます。それに伴ってスパイスや香辛料の香りがマーケット中に立ち込める時もあります。しかし、ローカルのマーケットならまだしも、国際空港にまで香るなんてことは考えられません。何人かの友人たちから先の尋問を受けた筆者は心にモヤモヤを抱えたままココ◯チで2辛のカレーを食べながらそんなことを考えていたわけです。

成田空港からインディラ・ガンディー国際空港へ

成田空港からインディラ・ガンディー国際空港までは直行便で約9時間程度。成田空港第一ターミナルのゲートには日本人半分、インド人半分くらいが待機していて早くもインド感がアゲアゲ状態です。卒業旅行でインドへ行く大学生やビジネスパーソン、数年前にはほとんどいなかった若い女性の姿も見られました。

インド人の方はほとんどがビジネスパーソンのようですね。中には背中にデカデカと”INDIA”と書かれたジャケットを着ていて何かのスポーツのナショナルチームかと思わせる集団の姿も。(あとで聞いたところ、それっぽく見せるただのジャケットでした。着ている理由は単純にカッコイイから。笑)

インディラ・ガンディー国際空港へ到着

9時間のフライトを終えていよいよインドへ到着です。2月の下旬は既に暖かく、到着時刻の24時ですら気温は25°という日本の初夏のような気候です。飛行機からおりるとすぐに生暖かい空気に包まれ、それと同時に独特の匂いが。この匂いを嗅ぐとインドに来たという実感が湧くのですが、これはスパイスではありません。そして決して臭くもありません。いや、嗅覚は人それぞれなので何とも言えませんが、少なくとも不快感のある匂いではありません。なんでインドの空港の匂いをこんなに必死で弁明しないといけないのかわかりませんが、とにかくインディラ・ガンディー国際空港の匂いは健全です。

空港ロビー

飛行機をおりて歩くこと10分。

空港歩道

まずは入国審査のカウンターに到着します。カウンターの並び順は手前からビジネス/ファーストクラス、インディアンパスポート保持者、外国人用、国内トランジット用、そして一番奥にE-ツーリストビザとアライバルビザの申請カウンターで分かれています。事前に飛行機で配られる用紙に記入して、ここを通過。

イミグレーション2

免税店を抜けると荷物のピックアップへ。このあたりは他の国とも変わりませんね。

イミグレーション

そしていよいよ、空港から出る時。扉の向こうに待っているのは、そう、もちろんインド人です。ホテルやゲストハウスからピックアップのためにずらりと並んでいます。

ピックアップ
コスタコーヒー

さらにその外の扉を抜けてると、いよいよインドです。ちなみにこの赤い門をくぐるとどう泣いてもわめいても中には二度と戻れないので、空港内で待ち合わせる場合は注意してくださいね。また、ここまで来るとwifiも通っていないため、合流場所は事前によく確認しておきましょう。

赤い門

空港赤い門

出た後

まとめ

以上、インドの玄関インディラ・ガンディー国際空港の様子をお伝えしました。インドに始めてくる方にとってはドキドキの瞬間ですが、新興国でありがちな空港内の詐欺やボッタクリなどは特に心配しなくて大丈夫です。受け入れ先にピックアップを頼むのが一番良いと思いますが、ピックアップなんかいらない!という男気溢れる方には空港を出たところにタクシー乗り場があります。ここには正規、非正規両方のタクシーが混ざっているのでタクシーを利用する際はプリペイドのタクシーを利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!