ブログ

インドでイケてるスマホメーカーを3つ厳選してご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドにおけるスマホ市場は全世界からの注目の的となっている。その理由はもちろん広大な面積と多くの人口を抱えるインドにおいて中間層の人口が増えてきていることが挙げられる。お金に少し余裕がある世帯が増えてきている。インドでのスマホの保有者はすでに1億2000万人と言われており、ほぼ日本の人口と同じ数の人がスマホを保有しているのである。今後も中間層が増えていくことを考えても世界中がスマホを販売するマーケットとして注目するのは普通のことである。

さらにインドではスマートフォンが初めてのインターネット接続という方がほとんどである。日本及び先進国ではデスクトップ、ノートパソコン、ガラケー、スマートフォンなどと段階を経てインターネット接続の方法が変わってきている、もしくは多様化してきているが、インドにおいてはそれらすべてを飛び越してスマートフォンが初めてのインターネット接続なのである。インドでは1GBや2GBの容量のインドナイズされたスマホも販売されており、容量が少ない分、たくさんのアプリをダウンロードすることはできないが、お手頃な値段でネット接続ができるスマホを購入することができる。このような背景もあってか今後もインドでのスマホ保持者はどんどん増えていくことであろう。

最近では、米Appleもインドでのiphoneの生産を検討していると噂されており、その他外資のメーカーが入ってくるのは時間の問題ともいえる。現在、インドでのiphone所有率は5%未満といわれており、皆、iphoneに憧れを抱きつつもやはり購入できるのは一部の中間層、富裕層に限っているという現状だ。

現在インドに進出しているメーカーは中国、韓国のメーカーが多く、有名どころを挙げると、中国であればxiaomi、oppo、huweiなどで、韓国メーカーであればsamsung、LGなどがインドで多くのシェアを獲得してきている。

たった400円で買えるインドのスマホが登場!?

インドのスマホメーカーを詳しく紹介する前に、みなさんはこのニュースをご存じだろうか。”インドにおいて、400円で買えるスマホが登場” このニュースはインドだけでなく世界を驚かせたニュースだったのではないだろうか。インドのRinging Bells(リンギング・ベル)から発売されているスマートフォン、その名もFreedom 251(フリーダム 251)。この値段にも関わらず、スペックは高い。容量は8GBあり、本体はiphoneSEと同じ4インチ。カメラは800万画素を備えている。この値段でこのスペックであれば申し分のない機能を備えていると言える。実際、予約受付当初に膨大な予約が入り、システムがシャットダウンした問題もあったのだが、現在では70000台の配送が完了しているとのこと。リンギング・ベル側はそう主張しているので信じたいのだが、筆者自身、実機を手に入れていないので本当に消費者のもとに届いているのかどうかはわからない。とにかく、インドにおいて400円で買えるスマホが販売されている…かもしれないということだけ覚えておいてほしい。

インドのスマホメーカーをご紹介

ここからはインドで多くのシェアを誇るインドスマホメーカーを紹介する。どれもデザイン、機能面ともに申し分のなく、価格もそこまで高くはないのが特徴である。インドのスマホは6000円~30000万ほどのものがほとんどである。インドに留学に来た際には是非ともインドのスマホを購入し、インドのシムカードを入れ快適な生活を送ってほしいインドでのシムカードの契約方法に関してはこちらの記事を参照してほしい。とにかく、インドに来た際には是非現地のスマホを買って利用してみるのをおすすめする。またインド生活が圧倒的に便利になるアプリも多数あるので是非ともダウンロードして利用してみるのをおすすめする。

micromax(マイクロマックス)

Micromax India
言わずと知れたインドのスマホメーカー。こぶしをブランドロゴとしているこのメーカーはシンプルでかつ男らしい印象を与えるスマホばかりである。比較的安いモデルが多く、そこまで容量が必要のない方であれば、マイクロマックスのスマホで十分楽しめる。筆者もマイクロマックスのこぶしに惚れ込み即買いしたのを覚えている。

Gionee(ジオニー)

Gionee
インドで最近でてきたばかりのインドメーカーでカメラに力をいれたスマホを販売している。インド人はよくセルフィーを撮ることで有名なのだが、まさにセルフィーを撮るとき用のために内側のカメラにもフラッシュを搭載している。

Lava

Lava Mobiles
インドにおいて急速に成長しているメーカーの一つである。シンプルなデザインでインドで初めてインテルのアトムプロセッサーを搭載したスマホを販売した会社である。

最後に

インドでのスマホ事情はいかがだっただろうか。スマホが初めてのインターネット接続ということもあり、インドではスマホに力をいれたメーカーが続々と出てきている。そのため、高性能なスマホやデザイン性の高いスマホを販売するメーカーも数多くある。まだまだ日本のメーカーのスマホシェアはこれからではあるが、今後もインドのスマホ市場は多くのメーカーが注力する市場になることは間違いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!