ブログ

インドのホームパーティーはインド文化が沢山詰まっている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドは客人を自分の家に招くとき、神様のように扱ってくれると言われています。そこで実際にインドのホームパーティーに参加してみたところ、さまざまなインド文化について勉強することができたので紹介します。

日本在住経験のあるインド人夫婦のホームパーティに行ったときの記事については次の記事を参考にして下さい。

参考記事インドのホームパーティに参加して実感した驚きのホスピタリティ

今回私が参加したのは、仕事でお世話になっているタラさんご家族のホームパーティーです。私の友人(日本人)の誕生日を祝ってくれるということで同伴しました。お子さんは普段ヒンディー語で喋るそうですが、この日は私たちに合わせて英語で喋ってくれました。そして私達よりも英語がうまい。インドの英語教育の室の高さを体感しました。

インドの教育システムについては次の記事を参考にして下さい。

参考記事
インドの教育システムと英語スピーカーの関係性に迫る

インド 家

家はピンクを基調としたとてもかわいらしい家でした。4人家族と聞いていましたが、家に着くと明らかに8人程いました。実は全員が親戚だそうでインドでは毎日ではないにしろ週4,5日は親戚が集まってご飯を食べるそうです。

ご飯

インド スナック

まずメインのご飯ができるまでビールとスナックをいただきました。スナックはカレー風味のフルーツグラノーラといった感じでしょうか。
僕は好きでしたが一緒に来ていた友人は苦手と言っていました。

インド プレート

メインのプレートです!食べ進めていくと奥さんがよそってくれるので食べても食べても減らなかったです。お邪魔したご家庭がベジタリアンだったので肉は出てきませんでしたが、とてもおいしかったです。それぞれの料理について紹介します。

インド アルゴビ

これはアルゴビという料理でカリフラワーとじゃがいもをカレー味にしたもので全く癖がなくとても美味しかったです。

インド パニール

パニールという料理で、味はカレーに近いけどサラッとしている食べ物でチーズ風味の豆腐がたくさん入っていてこれもとても美味しかったです。日本人に合わせて、あまり辛くない料理を作ってくれました。相手を思いやる気持ちは大切ですね。ありがとうございます。

インドのあまり辛くない料理については次の記事を参考にして下さい。

参考記事
【インド料理】あまり辛くないおすすめ料理3選

インド チャパティ

これはチャパティーと呼ばれる料理で、薄いナンのようなものです。フライパンで簡単に作れるのでインドの家庭料理としてチャパティーはナンよりも人気です。しかしこのチャパティーを巡って私たちは地獄を味わいました。チャパティーを半分ほど食べると奥さんが新しいチャパティーをとってくれます。

これを何回か繰り返して、食卓の上にあったチャパティー5枚を全部食べ終えると今度はキッチンから新たなチャパティーを持ってきてくれました。もうお気づきでしょうか?私たちは知らない間にチャパティースパイラルにハマっていました。抜けられません。完全にわんこチャパティー状態です。ちなみに私の記録は8チャパティーでした。苦しい。

インドの子供の家での遊び

インド チチ

これはチチと呼ばれるローラースケートのようなものです。バランスをとるのがめちゃくちゃ難しそうで、娘さんが実演してくれようとしましたができなくて断念。

インド キックボード

これはキックボードです。足を広げることで進みます。最近、日本でもたまに見ますね。

インド スケートボード

スケートボードもありました。インドのおもちゃは乗る系が流行っているのでしょうか?

インド 絵本

娘さんがインドの絵本を読んでくれました!この絵本は知りませんでしたが、プーさんの絵本やティガーの絵本などもありました。

飛び出す絵本

インドの飛び出す絵本を見してもらいました。しかし、全然飛び出ない。息子さんはめちゃくちゃ興奮していたので話を合わせていましたが、日本人とインド人で見え方が違うのでしょうか。少し反応に困りました笑

そしてメッシのユニフォームを着た息子さんがシュンスケ・ナカムラのファンでカードも持っていると言っていたので見してもらいました・・・・が。

中邑真輔のカード

まさかのWWEの中邑真輔でした。インドでもWWEが流行っているみたいですが、メッシのユニフォームまで着るなど丁寧なフリまであったため私たちは大爆笑しました笑

インドの慣習

インドでは挨拶として子供が尊敬する相手の足の親指に右手で触るという習慣があるようです。これは尊敬する人の足から手を通して力をもらうという意味があるそうです。

そしてこちらは有名ですが、インドの食事では左手は使いません。これは右手が清らかな手で、左が不浄の手とされているからです。パニールはスプーンで食べましたが、アルゴビとチャパティーは手で食べました。チャパティーと一口サイズにちぎって食べるときは親指と人差指でチャパティを固定し中指でちぎります。これがなかなか難しくて慣れるまで時間がかかりました。

まとめ

インドの習慣、インド料理とインドの娯楽を同時に知れるホームパーティはインド文化を体感する上でとても役立つことだと思います。留学される方は是非インド人と仲良くなってホームパティーにお邪魔することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!