体験談

【インド留学】私が大学を1年休学してインドに行くことを決意した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大学 横浜国立大学大学院 工学府 1年生 1年間の休学
インターン業務 学校運営
インターン期間 2017年4月〜2018年3月

休学してまで留学することを決めた理由はなんですか?

私には特に夢がなく、「理系は院に」という社会の風潮に従って、なんとなく大学院に行くことを決めました。正直、大学院を出ておけば就活はどこでも受かるのではないかと思っていました。しかし4年の春に暇つぶしに説明会に行ってみたところ、私が興味を持った企業(総合商社)の人事の方は、院を出ている人でも、海外での留学経験やインターン経験のある方ばかりでした。

それに比べ私は大学3年間テニスサークルで遊び呆けていて、このままでは院を出ても、自分が興味を持った企業に入れないのではないかと危機感を覚えたので留学を決意しました。

日本の学生は休学することに対して腰が重い人が多いようです。私は将来40年間働くのと39年間働くことには、ほとんど差がないが、1年間休学して海外で生活することは人生経験として超貴重なのではないかと思っていたので休学については悩まなかったです。

インド 国旗

留学先にインドを選んだ理由はなんですか?

日本は先進国の中でもインフラや水道、住居などにとても恵まれていて、22年間私はその環境の良さに甘えて暮らしていました。そこで、甘えている自分に鞭を打つために、また自分に価値観を広げるためにも日本とは真逆の国に行こうと考えていました。そこで候補に残ったのがインドと中国です。

中国ではなくインドを選んだ1つ目の理由はインドの方がより国として将来性があったからです。2030年までにはインドの人口は、中国の人口を抜き世界1位になると言われており、またインドは経済成長と環境保全の共存を目指しています。今まで世界中の経済発展を遂げた国の中で環境について意識していた国は1つもありませんでした。このように将来性の塊であるインドという国で生活をすることは、就活の際にも活きてくるのではないかと考えました。

インドの人口の詳しいデータについては次の記事を参考にして下さい。

参考記事
インドの人口が2030年までには世界1位になる!?

留学先にインドを選んだ2つ目の理由は、リアルタイムで国の成長を追うことが出来ると考えたからです。インドは現在進行形で高額紙幣の廃止や道路交通法の強化、酒類の規制など国が大きく変わるような政策を毎月のように施行しています。そんなインドで生活することによって、リアルタイムでインドの成長ぶりを感じることができるのではないかと考え、インドに行くことを決めました。

インド 都市

そもそもどうしてインターンを選んだのですか?

インドの大学に通うこともとても魅力的でしたが、私はそれ以上にインドでインターンを経験することによって将来の職業選択の幅も広げることの方が大事なのではないかと考え、インターンをすることにしました。インドのような世間的にはきついと言われる環境でインターンを経験しておけば、将来どんな国に行っても、生活できるのではないかと考えました。

どうしてインドのベンチャー企業を選んだのですか?

私はこれまでの人生で受験、恋愛、遊びなどなるべくリスクを負わないような選択を選んできました。なので将来もベンチャー企業というよりは大企業を選択する可能性が高いと今でも思っています。そこで1年間ベンチャー企業で働くことで、大企業では学べないベンチャー的な思考、働き方を身につけることができるのではないかと考えたので、ベンチャー企業にインターンすることを決意しました。

また、自分が大学で研究してきた分野とは全く関係のない学校運営を行っている企業をインターン先に選んだ理由は、自分が持っていない文系的な考え方を身につけ、専門性を持ったジェネラリストになりたいと考えているからです。

インド留学を通じてどうなりたいですか?

英語で喋れるようになることはもちろんのこと、インドの文化や宗教を尊重しながら仕事ができたらいいなと思っています。また、インドでしかできないようなびっくりクレイジーな体験は積極的にやっていきたいと思っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!