インド語学留学

IBCLのインド留学情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IBCLの概要

IBCLの紹介

Institute of Business Communication and Languages(IBCL)は、学生がコミュニケーションに必要な語学能力を学生が獲得できるようにすることを専門としています。私たちの高度に熟練した教員はインタラクティブな教育法を使用して、コースの最後に、学生が教室外で効果的に言語を使用できるようにします。特に英語圏以外の国からの外国人やヒンディー語(外国人のみ)のコースでは、日々の生活に必要な言語スキルを習得するのを手助けします。

IBCLの基本情報

正式名称 Institute of Business Communication and Languages
住所 C-415, Sushant Lok I, Gurgaon
都市 グルガオン
規模 30

IBCLのあるエリア情報

IBCLのあるエリアは首都ニューデリーから1時間ほど車でいったところにあるグルガオンという都市にあります。メトロの駅も複数あり、アクセスしやすい位置にあるのが特徴です。グルガオンは外資系の会社を誘致するために開発された都市でたくさんの外資、日系会社が集まるエリアになります。IBCLの近くには、多くの飲食店が集まるショッピングモールや、安くで日曜品を調達することができるエリアがあります。治安もよく、インドの中でもかなり安全な都市になります。

IBCLの学習プログラム

日常会話コース

優れた英語コミュニケーション能力は、人生の成功に不可欠なものとなっています。英語は国際ビジネスの言語なので、英語でうまくコミュニケーションできる能力は今後の人生においてとても重要です。英語以外の国からの多くの外国人にとって、地元の人々と交流する日々は、英語のスキルが不足してため煩わしいものになります。

当校では、初級、中級、上級、中級、上級レベルの6つに分かれています。コースは60時間のモジュールに分かれています。学生は通常、1つのレベルを完了するために約2つのモジュールを取る。

英語コースに登録するすべての生徒は、現在の熟練度がどれくらいあるかを判断するために、熟練度テストを受ける必要があります。コンピュータ化されたテストはOxford University Pressから提供されているものを購入しています。これらは、入学を希望する生徒のスピーキングスキルをテストするための簡単なインタビューによって構成されています。テストを受けたい学生には500ルピー(約700円)の手数料がかかります。

このコースはで、4つの言語スキル(読み、書き、話す、聞く)のすべてを練習する機会が多く、非常にインタラクティブであり、生徒が英語で楽しく自信を持ってコミュニケーションできるようなることを目指します。

ビジネス英語/ビジネスコミュニケーションコース

このコースは、既に働いているが、企業のオフィスで期待されているコミュニケーションやソフトスキルが不足しているため、成長がブロックされている人を対象としています。これには、会議の開催方法、電子メール、手紙、報告書を書き方などのスキルが含まれます。

コースは、仕事の専門家だけでなく、これからビジネスにおいて英語が必要な人にも開いています。コースを選択する学生は、少なくとも上級中級レベル以上の英語レベルの熟練度が必要です。すべての受験者は、このコースに必要な言語スキルを持っているかどうかを評価するために、英語力テストを受けることが必要です。

ヒンディー語/コミュニケーションコース

このコースは、主にヒンディー語を知らないため、インドでコミニュケーションを取れていない外国人コミュニティを対象としています。 重点は、生徒が日常生活をより簡単にするために、ヒンディー語の基本的な習熟度を身に付けることにあります。

現在は、日常的な会話に必要な基礎コースのみを提供しています。ただし、生徒のレベルに合わせて、応用コースも提供することは可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド語学留学に興味のある方はこちら

インド語学留学は、学校や地域によって学生の満足度が非常に異なります。費用は格安だけど学校の運営やサポート体制が良くなかったり、留学してみると学校の周辺環境が悪く住みにくい地域だったということも少なくありません。インド語学留学をしたいけど情報が少なく、どの学校や地域を選べばいいかわからない。留学先選びの基準がわからないという方は一度、当サイトの留学カウンセラーにご相談ください。インド語学留学を熟知したベテランカウンセラーがみなさまの留学を最高なものにする最適な情報をお伝えします。

お問い合わせ

お問い合わせ/留学相談はこちら!