ブログ

私、こんなものを食べています!インドでの食生活レポート第一弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者がインドで暮らすするにあたって一番心配していたのが食事。インドと言えばライスにカレーをつけて食べたり、ナンにカレーをつけて食べたり、チャパティーにカレーを食べたりとそれはもうカレーなしでは生きられないのでは?なんて思っていました。しかし、筆者の住むグルガオンは、外国人が住みやすい環境にカスタマイズされている都市で、ショッピングモール内やマーケットにはカレー以外の食事を楽しめるレストランやカフェがたくさんあります。本記事では、食事面にハードルを感じているインド就職、インド留学検討中の方に筆者の食生活をご紹介します。

インドでの自炊生活

親子丼

インドが好きな筆者ですが、いくらインドで生活していてもどこまでも日本人。そして日本食は世界で一番美味い!しかし、インドで日本食を食べようと思うと割高なのが現実です。でも日本食は食べたい。じゃあ作ればいいじゃないか!ということで、食材がインドで簡単に手に入り、かつ美味しい日本食の代表、親子丼を紹介します。

卵、鶏肉は大抵のスーパーマーケットに安く売っています。醤油やみりんは少し割高ですが専門のお店で調達できるので、これは目をつぶって購入。これをちょちょいっと調理して、はい出来上がり。お米はスティッキーライスを買って(これも超絶安い)炊けば、はい出来上がりー!

親子丼

サラダ

インドの生野菜なんて食べられないでしょう、と思っている方が多いでしょう。しかし、インドでも新鮮な野菜を生のまま食べることは可能です。現に筆者は毎食サラダを食べています。なんて健康的なのでしょう。そしてインドの野菜は驚愕するほど安いので、安く新鮮な野菜を食べることができるんです。調達方法はいくつかあります。1.スーパーマーケットで買う。2.生鮮食品オンラインデリバリーで注文。3.農園に買いに行く。どれも満遍なく利用していますが、IT大国のインドではオンラインデリバリーがめちゃくちゃ発展してて、注文した数時間後には新鮮な野菜を自宅まで届けてくれるんです。またグルガオンという都会の中にも大きな農園をもっている方がいて、そこでは葉物から根菜、フルーツまで素晴らしい環境で育てています。日本人にも人気な農園もありますよ。

サラダ

生魚

サラダ以上に驚くかもしれませんが、インドでは生魚も食べることができるようになりました。筆者はFresh To Home という生鮮品オンラインデリバリーサービスを使っています。これはインドにいる日本人にはあまり知られていないのですが、捕れたての魚を24時間以内にデリバリーしてくれるというアメイジングなサービスです。

ここではなんと縞鯵や鯛がお手頃価格で手に入れることができるんです。そして生で食べることも可能という生魚大国に生まれた日本人にはたまらない贅沢な食事が実現できます。

刺し身

刺し身や、焼き魚、煮物でも良い味出してますよ!

まとめ

以上、インドでの食生活を紹介しました。いかがだったでしょうか。サラダや生魚が食べているのはごく少数ですが、調理方法や鮮度の見極めを誤らなければ美味しく食事のバリュエーションも増えるので生活の質もグンと上がります。そしてそれが留学中のパフォーマンス向上にも直結するという好循環が生まれます。インドだから無理だ、と諦めてしまう方がほとんどの中で、工夫すれば無理のない自分に合った食生活を創ることができるんです。

インドの食生活に不安を感じている人もそうでない人もインドの食事はカレーだけじゃないということだけわかってもらえればと思います。

※本記事で紹介されている調理方法はあくまでも筆者の体験を元にしています。衛生的なリスクがゼロなわけではないので、食べる際は自己責任でお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!