渡航準備

【インドの持ち物リスト】最終確認用チェックリスト付き完全版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド留学に行く前に必ず考えなければならないのが、持ち物でしょう。何が必要で、何がいらないのか迷うこともあるでしょう。今回は貴重品、衣料品などカテゴリーに分けて持ち物リストをリストアップします。あくまでも持ち物リストの参考ですので、最終的に持っていくか、持っていくべきでないかの判断はお任せします。

貴重品

ここでは必ず持っていかなければならない、貴重品の持ち物リストになります。パスポート、インドのビザは必ず必要なので、絶対に忘れないでください。海外でも引き出せる国際キャッシュカードがあれば、多くの現金を持ち込まなくてもよいので便利です。必ず持っていくべきでしょう。

・海外保険(保険証書・海外保険のガイドブック等)※参考記事>>インド留学におすすめの海外保険まとめ
・国際キャッシュカード※参考記事>>インド留学で便利な国際キャッシュカードまとめ
・クレジットカード※参考記事>>>インド留学で便利なクレジットカードの選び方
・航空券のコピー※参考記事>>インド留学の費用を抑える航空券の探し方
・パスポート
・ビザ
【インドアライバルビザ取得方法】空港で取れる便利なビザ
【インド観光ビザ取得方法】6ヶ月以内のインド留学へ
【インドイーツーリストビザ】30日以内のインド留学向け
【インド学生ビザ】インド大学留学に必要なビザ
インドビザオンライン申請方法まとめ

衣料品・靴・バッグ類

bag
首都である、ニューデリーがある北インドでは12月頃から冬になります。かなり冷え込むので、冬に備えて、冬用の衣料品をもっていくことを忘れないようにしてください。一方ゴア、バンガロールなど、南インド、は年中温暖な気候なので、半そで、ハーフパンツが好ましい服装になるでしょう。ただし、寺院等、神聖な場所を訪れる際には、肌をあまり露出しすぎない服装が好ましいので、長ズボンも必ず持っていくようにしてください。

・夏服
・冬服(北インドは冬があります。)
・下着
・タオル
・スーツセット(革靴等含む)
・靴下(プライベート、フォーマル用)
・雨具(雨季があるのでカッパ、折り畳み傘があると便利です)
・歩きやすい靴(舗装されていない道もあるので、歩きやすいスニーカーがベストです)
・ビーチサンダル
・リュック
・ショルダーバック

日用品・医療品

基本的な日用品はインドでも手に入ります。ただし、コンタクト、コンタクト洗浄液、日本の化粧品、メイク落とし、日焼け止め、常備薬は手に入らないので、日ごろから愛用している物を必ず持ち込むようにしてください。

・常備薬
・歯ブラシ/歯磨き粉
・ハンカチ・ポケットティッシュ
・ウェットティッシュ
・シャンプー/コンディショナー
・ボディソープ
・洗顔
・コンタクト/洗浄液
・眼鏡
・日焼け止め
・ばんそうこう
・整髪料
・シェイバー/カミソリ
・化粧品
・鏡
・メイク落とし

電化製品

pc
携帯、PCはインドでも必須の持ち物です。もし、シムフリーのスマートフォンであればインドでシムカードを購入することで、インド現地の通信料でデータ通信、通話、メッセージをすることができます。また、インドには観光地がたくさんあるので、カメラも必須でしょう。それらを重電するためにも変換プラグが必要になります。3種類ほどのプラグタイプがあるので、複数タイプに変換できるプラグを持ってくるようにしてください。

・PC
・携帯
・カメラ
・変換プラグ
・変圧器

あると便利な物

こここではあると便利なものを紹介します。必須の持ち物ではありませんが、あると生活が便利になるもの、楽しくなるものを紹介します。特に言葉の指さしブックがあると、インド人との会話が楽しくなること間違いなしです。また衣料用のスプレー(ファブリーズなど)はインドにはありません。あるととても便利なので持ち物に余裕がある場合は持っていくことをおすすめします。また、粉末のダシをもっていくことで、たまに日本食を作ることだって可能です。

・旅行ガイドブック
・ヒンディ語指さし本
・ビニール袋
・ドライヤー
・ヘアゴム
・圧縮袋(パッキング用)
・衣料用スプレー
・トランプ
・インスタント食品
・調味料(だし)
・ハンガー
・マスク

終わりに

インド留学ライフを快適にするためにも、上記で紹介した持ち物を参考に自分なりの持ち物リストを作成してください。インドに入国する際にはパスポート、ビザは必ず必要です。忘れないようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!