ブログ

インドでも風呂に入れる!超きれいな日本人向け銭湯に行ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に居た時には週に2回はスーパー銭湯に行っていたほど、温泉大好きな私も、インドで生活を初めて2ヶ月が経ちました。私はインドでの食生活や暑さについては全然不満がないのですが、2ヶ月浴槽に入れていないストレスは凄まじいです。どうしても温泉に入りたくてしょうがなかったので、インドで風呂に入れるところがないか調べました。するとデリーからタクシーで40分ほどのところに銭湯つきのホテルがあったので、実際に行ってきました。

私のインドでの食生活に関しては次の記事を参照して下さい。

参考記事:私、こんなものを食べています!インドでの食生活レポート第一弾
    【インドの食事事情】充実した食生活を!

インドの銭湯に行ってきた

ダイヤパークホテル

こちらが銭湯があるダイヤパークホテルです。ダイヤパークホテルはグルガオンにあり、ニューデリーからタクシーで30分ほどで着きます。日本人向けのホテルと紹介しましたが、正確には日本人の駐在さんが暮らしているホテルです。そのため、敷地内が整備されており、外装もとても立派でした。

私のニューデリーでの生活に関しては次の記事を参照して下さい。

参考記事:インドの首都デリーでの生活まとめ

レストラン

中に入るとまず、レストランがありました。インド人のスタッフさんもビシっと正装していました。近所の銭湯に行く感覚で短パンにサンダルで来てしまったことを早速後悔しました。

お花

ホテルの入り口には、バリ風のホテルなどにありがちな「水の上にお花が浮いているオシャレなボウル」もありました。

中庭にあるプール

そしてホテルの中庭には豪華なプールも有りました。日本の銭湯を想像していたので、大変なところに来てしまった感があり少し緊張します。

建物の中身

ホテルのフロアマップがありました。日本レストランや、カフェ、整体、ラウンジもあるようです。とても豪華ですね。泊まるとしたら1泊いくらするんでしょうか。。。

きれいな内装

地下にあるお風呂に向かうため、階段を降りていきます。壁もガラス張りでなんだかオシャレなので、お風呂への期待も高まります。

トレーニングルーム

お風呂のある地下にはトレーニングジムもあり、トレーニング器具も充実していました。このホテルに住んでいる人は、このきれいなジムで運動をしてお風呂で汗を流すという最高のルーティンを作っているのではないかなと想像できます。

菖蒲の湯

そして、いざ銭湯へ。男湯は菖蒲の湯です。ちなみに風呂の料金は通常700ルピー程、私が行った日は26日(風呂の日)ということもあり、260ルピーでした。インドにも風呂の日があるんですね。

脱衣所

誰も居なかったので脱衣所の写真を撮りました。脱衣所は日本の銭湯や温泉と変わらない清潔さです。

シャワー

そして、いざ風呂。の前に、私は先に体を流す派なのでシャワーを浴びました。この銭湯のシャワーも日本のいい銭湯にありがちな、水が出っぱなしになるタイプのシャワーでした。シャンプー、ボディソープ、リンスも日本ブランドの物が置いてありました。

風呂

そしてコレが浴槽です。もちろん源泉などではなく、タダのお湯なのですが、2ヶ月ぶりの40℃くらいのお湯は最高に気持ち良かったです。もっと早く知っていたら毎週通っていたのになと思いました。30分ほど浸かっていましたが、誰も来なかったので歌も歌って最高にリラックスできます。

綿棒

お風呂からでると、洗面台に綿棒がありました。風呂上がりのこの綿棒が最高に気持ちいいですよね。

洗剤?

綿棒の横に洗剤のような粉が入った缶がありました。まさか風呂に洗剤が置いてあるわけ無いだろうと思って、なんとなく腕につけてみましたがやっぱり洗剤の臭いがしたので、シャワーを浴びなおしてきました。

お土産屋

ホテル内にはお土産屋もあったので覗いてみました。日本人の方が商品を選んでいるということもあり、お土産屋には日本人が好きそうなクオリティの高い物ばかりが置いてありました。インドシルクで作ったシャツやストール、手書きのポスター、オーガニック系のボディケア用品など色々な物が売っていたので、何を買うか悩みましたが、私はここでオーガニックのはちみつと洗顔料を買いました。

オーガニックはちみつと洗顔料

まとめ

インドにもとてもきれいな風呂がありました。食については自炊をすれば日本と同じようなものが食べられるので満足できますが、お風呂は入ろうとしてもなかなか入れるものではありません。インドに来ている風呂好きの留学生や、日々の勉強に疲れてしまった留学生の方はぜひダイヤパークホテルの風呂に行ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!