ブログ

【インド留学前必見】インド人って怖そうやけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でインドと聞くと、まず初めに思うのがカレーではないでしょうか。インドといえば、カレーで、カレーはナンと食べる。そのようなイメージは強いのではないでしょうか。その次に思い出すのはターバン姿が特徴的なインド人ではないでしょうか。違っていたらすいません。今回のトピックはインド人。日本ではあまり良いイメージはないかもしれません。インド人はうそつきだ。なんか見た目が怖い…などなど。しかし本当にそうなのでしょうか。ここインドで暮らしてみて実際に話し、一緒に暮らした経験からインド人って実際のところどうなの?という疑問を解決したいと思います。インド留学前必見ですよ。

実はお茶目なインド人

インド人の見た目は確かに一見するとかなり怖いかもしれません。ただ、一度話すとそのイメージは覆されることでしょう。ショッピング、リキシャのドライバー、レストランの店員さんなどに、最後のお礼のありがとうだけでもヒンディー語で話してみてください。そうすると、お茶目なインド人の登場です。ヒンディ語で話すと、ヒンディー語を話せるのかといった目と、はじけるような笑顔を振りまいてくれます。その時にインド人はなんてお茶目なんだと感じることができるでしょう。実はインド人はとても感情表現が素直で、うれしい時にはとっびきりのうれしい顔をしてくれます。顔を見るだけで怒っているのか、悲しいのか、うれしいのかすぐに判断することができます。とても人間らしいインド人。インド人はとってもお茶目なんです。

インド人はうそつきと聞くが、本当のところ

インド人はよくうそつきと言われています。確かに嘘をつく人はいます。でも全員が全員うそつきではありません。それは日本でも同じことが言えると思います。日本でも詐欺などの事件があるように、同じくインドでも起こりうるということです。

そんなうそつきなイメージがついてしまっているインド人。なぜこのようなイメージがついてしまったのでしょうか。それには2つの要因があると思います。

一つ目は観光地でのインド人のイメージです。私たち外国人にとって最も接する頻度が高いのは観光地にいるインド人だと思います。そこでは、お金を持った外国人観光客に対して通常よりは少し高めの値段を要求したり、よくわからないツアーを組ませて、お金をぼったくろうとしてくることがあります。私たちが通常接することがあるインド人の中にはそういった観光客を目当てに商売をしているインド人が多いので、インド人=うそつきのイメージがついたのかもしれません。

二つ目はおせっかい過ぎるインド人の特徴によるものです。基本的に何かインド人に聞くと、わからないことであっても必ずその人なりに答えを見つけ教えてくれます。たとえそれが100%の確証がなくても必ず教えてくれます。そのためその答えが必ずしも正しいとは限りません。そのため、結果として嘘をつかれたと思ってしまうのです。しかし、それは聞かれたことに対しては何かその人に答えてあげたい、断るのは申し訳ないから何か自分が知ってることは教えてあげよう。そういった思いがインド人にはあるみたいなのです。決してインド人は嘘をつこうと思っている訳ではないのです。どうかあなたの助けになりたい。そうゆう思いがあるのです。

出国前とイメージが逆転!インド人との嬉しかったエピソード

最後に筆者が自ら体験したインドでの嬉しかった出来事、腹が立った出来事を紹介したいと思います。まずは、うれしかった出来事から。筆者が列車でインド国内の旅行にでかけていた時の話なのですが、乗車率120%は超えているだろうといったような列車の中で目的地まで残り12時間ほどありました。座ることなんてまあ到底無理な列車の中でなんとか立っているという状況でした。その状況を見かねてか、目の前に立っているインド人が床に置いてあるリュックの上に座ってもいいぞとジェスチャーで教えてくれ、みんな苦しいにも関わらず私を座らしてくれました。みんなが同じ状況の中、自分が座るのではなく、筆者に譲ってくれたインド人の優しさをすごく感じました。

最後に

上記で挙げたようにインド人のイメージは、実際にインドに来てみると、自分が思っていたインド人と違うなと思うことがあると思います、筆者もその一人です。ただし、もちろんイラッとするときもあるのは確かです。しかし、実際にインドに来て、インド人と話してみることで、自分が思い描いていたインド人なのか、それともそのイメージにぴったりなのか。ぜひともたくさんのインド人と話してみて体感していただきたいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ/留学相談はこちら!