インド大学留学の魅力
提携校概要:クライスト大学INバンガロール
インド大学留学の費用
留学体験談

インド大学留学の魅力

  • 学習への真剣さ



    インド人にとって大学とは”勉強”をするところです。そもそもインドは国際的な教育レベルは非常に高く、日本の大学とは比べものにならないほど、学習に対して真剣であり、勉強をしないと授業、試験に全くついていけません。また全ての授業は英語で行われるため英語習得は必須となります。それだけ厳しいため得られるものは大きく卒業時には英語スキル+専門スキルという日本の大学卒業では得られない2つのものが手に入ります。

  • アジアのネットワーク



    西洋から東洋へ。2000年以降、アジアの時代が来ていることは言うまでもありません。今後のキャリアを語る上で中国、インド、東南アジア、西アジアなどは欠かすことができないほど様々なフィールドで台頭してくるでしょう。インドの大学に進学することは世界の中心になるであろうインド人とのネットワーク、インドに留学してきている様々なアジア人とのネットワーク構築ができます。彼らはきっと10年後大きな財産となるでしょう。

  • 費用対効果



    日本、他国と比較して非常に安いのも特徴です。学費だけでなく生活費も安いため、日本の大学だと卒業までに全て含めると1000万近くかかると言われていますが、インドだと生活費混みで300万程度になります。奨学金を借りてまで得る日本の学歴にもう価値はほとんどなく、インドであれば安く世界で働ける実力と経験を身につけることができます。費用対効果でいえば10倍以上の差があると我々は考えています。

提携校概要:クライスト大学inバンガロール

クライスト大学(Christ University)の紹介

1969年に設立されたクライスト大学は、インドのバンガロールの都市部に位置する非営利の私立高等教育機関です。2005年、南インドで初めてインド大学助成委員会(NAAC)から”A+”評価を受けた非常に優秀な高等教育機関です。特徴的な点は、留学生受け入れが充実している点です。創設以来、2万人以上、56ヶ国以上の留学生を受け入れてきました。クライスト大学は、学部の証明書/卒業証書、学士号、修士号、博士号など、公的に認められた高等教育学位につながるコースとプログラムを提供しています。 外国籍の方も出願可能です。出願はオンラインで行います。また、図書館、レジデンシー、スポーツ施設やアクティビティ、留学や交流プログラムなど、学生に充実した施設とサービスを提供しています。

クライスト大学のエリア情報

バンガロールは南インドのカルナータカ州の州都であり、インド有数の世界都市です。気候は穏やかで涼しく、「インドのガーデン・シティ(庭園都市)」と呼ばれています。また、バンガロールは「インドのシリコンバレー」という異名を取るほどに、多くの外資系IT企業が集積しており、インドのソフトウェア輸出の35%を占めています。高い教育水準を誇る大学群や研究所群が位置し、国内第2位の識字率を誇る一方、大気汚染、交通渋滞、犯罪、スラムなどの問題も少なからず存在しています。都市部では観光客や学生が賑わっており、バスやタクシーなどの移動手段、様々な国のレストラン、ショッピングモール等、外国人にも生活しやすい環境です。クライスト大学のキャンパスは、バンガロールの中でも若者や外国人に人気のエリア”コラマンガラ”に位置し、バンガロールの中でも最も楽しいエリアとなっています。


学部/コース

年間スケジュール

9月-12月 留学相談 
1月-2月 申し込み-審査
3月-5月 英語学習
6月-翌4月 授業

※1年間の休学の場合は日本の大学4月からの1年休学で翌年の4月の中頃に帰国をしてくる予定となります。
※英語レベルがTOEIC800点以上の方は英語学習を受ける必要はありませんが大学としては国際枠生徒推奨となっています。

  • 文系/ビジネス系学部

    歴史、経済学、政治経済、社会学、英語、心理学、コミュニケーション、メディア、ジャーナリズムなど日本の総合大学と同じような内容になりますが、文化系学部は背景に文化理解が必要になりますので難易度が非常に高いです。そのため日本人の留学生には経営学部を推奨しております。経営学部は世界でニーズがあり、将来のキャリアに直結するため非常に人気かつ実践的な学問です。

  • 理系/IT系学部

    インド国内No.1の評価を受けている理学部、さらには工学部、情報学部(IT関連)など様々な学問が学べます。数学のバックグラウンドが求められるため、日本の高校/大学で理系の方に推奨しています。一方でIT系の学部は世界中でニーズが高いため文系の方でも高い意欲があれば推奨しております。

  • MBA/大学院

    インドの大学院は学部よりさらに厳しくなり、勉強時間は膨大になります。理系大学院はサイエンス系、IT系の方であればおすすめです。そのあと海外で働くことが前提であれば取得はした方がいいですが、日本で就職予定であればあまりベネフィットはないでしょう。これはMBAでも同様になります。自分の興味、キャリアなど考慮しながら決定する必要があります。

インド大学留学の費用

1年間の休学の場合

項目 1年間(文系) 1年間(理系) 1年間(大学院)
英語授業料 100,000円 100,000円 100,000円
授業料 400,000円 600,000円 800,000円
生活費 600,000円 600,000円 600,000円
留学サポート費用 300,000円 300,000円 300,000円
総費用 1,400,000円 1,600,000円 1,800,000円

インドの大学に進学の場合

項目 3年間(文系) 4年間(理系) 2年間(大学院)
英語授業料 100,000円 100,000円 100,000円
授業料 1,200,000円 2,400,000円 1,600,000円
生活費 1,800,000円 2,400,000円 1,200,000円
留学サポート費用 400,000円 400,000円 400,000円
総費用 3,500,000円 5,400,000円 3,400,000円

※学費は学科、学部によって異なりますので目安を掲載しております。詳細は面談あとの見積書で確認できます。
※生活費は月5万円で計算しております。外国人の大学生レベルの平均値になります。インド人の学生の場合は2,3万円になります。
※留学サポート費は留学前手続きサポート、留学中手続きサポート、住居手配など全て含みます。
※消費税はインドの税金が適用され18%になります。

特典1: インド滞在中の語学学習サポートを無料でご利用頂けます。
特典2: 大学留学開始までの期間インド留学ナビの寮を無料でご利用頂けます。

留学体験談

ここでクライスト大学に留学した生徒さんの体験談を紹介しています。クライスト大学に入学することになった経緯、クライスト大学ではどのようなことを学んだのかなど赤裸々に話してくれています。クライスト大学の留学を検討している方は是非こちらの記事も併せてご覧ください。

  • かつきさん

    india-reina

    コース:クライスト大学院留学
    留学期間:2年間
    年齢:29歳

    詳細を見る

  • シズさん

    india-shizu

    コース:クライスト大学正規入学
    留学期間:4年間
    年齢:19歳

    詳細を見る

お問い合わせ

インド留学ナビでは、無料留学カウンセリングを行っております。インド生活や渡航準備、卒業後の進路やキャリアについてインド留学経験豊富なカウンセラーが丁寧にお答えします。

1.LINEでお問い合わせ

下記ボタンより友達申請を行いご連絡ください。

Friends Added

2.メールでお問い合わせ

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容
 

資料請求/留学相談はこちら!